矯正歯科治療

お口の中のお悩み無料相談

診療案内

  • インプラント
  • 予防歯科
  • 歯周病治療
  • PMTC
  • 入れ歯
  • 矯正歯科治療
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 小児歯科
  • 口腔外科
  • 歯のQ&A

おりい歯科医院

【住所】
〒351-0101
埼玉県和光市白子1-11-7
【TEL】
048-201-1687

【診療時間】
平日 9:00~12:00/14:00~19:00
土曜日 9:00~12:00
矯正:第一土曜日 14:00~19:00

【休診日】
木曜・日曜・祝祭日
【駐車場】
4台分ございます。

おりい歯科医院で行う矯正治療

おりい歯科医院では、矯正専門医による矯正治療と歯周病専門医による、歯と歯肉のメンテナンスを行ないながら進めますので安心です。

このような歯並び・噛み合わせの方は、一度ご相談ください。

矯正治療

八重歯と前歯のでこぼこ

矯正治療

出っ歯

矯正治療

受け口

矯正治療

前歯で噛めない

矯正治療

噛み合わせが深い

矯正治療

すきっ歯

PAGETOPへ戻る

治療例

矯正治療

初診時

矯正治療

矯正装置の装着

矯正治療

終了時

PAGETOPへ戻る

矯正治療の流れ

【1】初診相談
矯正治療の概要(料金・期間・時期)や必要性についてのご説明
検査・診断
X線写真の撮影など→現状の正確な把握と治療計画の立案
一期治療
成長発育期のお子さまの矯正治療
  • あごの骨の成長促進や成長抑制
  • あごの骨の成長を阻害する噛み合わせの修正
  • 乳歯から永久歯への、生え変わりの管理・・・など
二期治療
全ての歯が永久歯の患者さんの矯正治療(成長終了後~成人)
  • 最終的な矯正治療の時期(マルチブラケット装置)
  • 細かな歯の移動をおこない、歯並びのでこぼこを解消する
  • 上下の歯のよい噛み合わせを実現する
  • 出っ歯を引っ込める
  • 八重歯を治す・・・など

歯の移動終了後は、後戻りがおきないように着脱式の装置等を使用していただきます(保定)

PAGETOPへ戻る

矯正治療の検査・診断について

矯正治療を開始するにあたりどのような治療が適切か事前に計画を立案します。
そのためにはまず、検査が必要です。

矯正治療に必要な検査
パノラマX線写真
むし歯の処置状況や歯根、歯周組織の状態などについて概要の検査を行う。
側貌規格X線写真
矯正専用の特殊な撮影方法、同年代の平均的な骨格、歯並びと患者さんとの比較を行う。
口腔内模型
歯の位置、でこぼこの状態、上下の歯の噛み合わせなどの検査を行う。
診断

症状の正確な把握と治療目標、治療計画の決定

  • 治療目標の決定
  • おおむねの治療期間の予測
  • 抜歯が必要かどうか?
  • 使用する装置の種類
  • 矯正治療料金の決定
PAGETOPへ戻る

成長期の矯正治療(一期治療)

全ての歯が永久歯になった時に、噛み合わせができるだけ良くなるように顎の骨の成長や生え変わりを管理する治療

▼患者さんの症状に応じて
  • 上顎骨の成長促進
  • 上顎骨の成長抑制
  • 下顎骨の成長促進
  • 顎の成長を阻害するような噛み合わせ解消
  • 噛み合わせに悪影響のある癖(指しゃぶり、舌)の解消・・・など

それぞれの歯の歯並びよりも、その土台となる骨格の成長を管理する治療が中心になる時期です。

上顎前突(出っ歯)の治療装置例
→上顎骨の成長を抑制する

矯正治療

下顎前突(受け口)の治療装置の例
→上顎骨の成長を促進する

PAGETOPへ戻る

永久歯列期・成人の矯正治療(二期治療)

でこぼこでなく、噛みやすい歯並びにするために精密な歯の移動を行う治療です。
マルチブラケット装置(ブラケットとワイヤーの装置を歯に装着して精密な歯の移動をおこないます。

患者さんの症状に応じて
  • 永久歯の抜歯を行う場合があります
  • 上記の装置以外に追加の装置を使用する場合があります
  • 歯の移動の終了後には、着脱式の装置などを使用していただき、後戻りの防止をします(保定)
  • 成長発育を利用した一期治療をおこなうことにより、二期治療の期間の短縮化や、より高い治療結果を得られます

矯正治療

マルチブラケット装置

矯正治療

保定装置の例

PAGETOPへ戻る

永久歯の抜歯の必要性について

永久歯列の矯正治療をおこなう際にはやむを得ず抜歯をお願いする場合があります。
※矯正治療のための抜歯は別途自費扱いとなります。(※5,000円程度)

歯列のでこぼこを矯正する
歯のはえるスペースが不足しているためでこぼこになっている場合は、永久歯の抜歯を行い、その場所に歯を移動してきれにならべます。

  1. 歯の生えるスペースが足りず、がたがたの歯並びになっている状態
  2. 抜歯をおこない、できたスペースに犬歯を移動する
  3. 犬歯を移動してできたスペースを利用して前歯をきれいにならべる
  4. 最終的に隙間が全てなくなり、がたがたのない歯列にする
上下の顎の前後関係のずれを矯正する
上下の顎の大きさや歯並びの位置に前後的なずれがある場合には抜歯したスペースを利用して上下の前後的な位置をあわせます。

  1. 上下の歯並びに前後的なずれがある状態(例:出っ歯)
  2. 抜歯をおこない、できたスペースに犬歯を移動する
  3. 犬歯を移動してできたスペースを利用して前歯4本を後ろに下げる
  4. 最終的に上下の位置をあわせ、残りの隙間は全てなくなる
PAGETOPへ戻る

矯正装置装着後のハブラシ

矯正装置を装着すると、残念ながら歯ブラシをしにくい部位が増えてしまいます。
通常の状態よりさらにいろいろな方向から歯ブラシをするようにしてください。

【図】ブラケット、ワイヤー装置時にプラークが付着したすい部位

柔らかい歯ブラシを用い、一本ずつ丁寧に、いろいろな方向からまんべんなく歯をみがいてください。
先が開いた歯ブラシは新しいものに交換してください。
(全ての歯を磨き終わるのに通常15分以上かかります)

歯と歯茎の境いめ、装置の周囲なども、いろいろな方向から歯ブラシをあてるようにしてください

PAGETOPへ戻る

矯正治療費用(別途消費税)

  • 相談料・・・無料
  • 検査料・・・3万円
  • 診断、治療方針説明料・・・1万円
  • 矯正治療費・・・① ② のどちらか
    ① 小児の矯正(一期治療) 30万円
    ② 永久歯列矯正 60万円
  • 矯正治療調整費・・・(毎回)5千円

部分矯正治療(前歯の歯列不正のみなど)
検査料、診断料、治療費全て含み10万5千円から

【平成24年5月改定】

PAGETOPへ戻る

Copyright(C)Orii Dental Clinic All rights reserved.